保護された熊の舌がまるでキ〇タマ!!

ミャンマーの動物シェルターで保護されたツキノワグマのニャン・フトゥー

このツキノワグマは生まれつき舌が巨大化する病気にかかってるらしい

が、

しかしその大きさが、想像とは全く違うレベルだった・・・

はい

でかすぎやろ・・・

ピンク色のメロンのような巨大な舌が口から垂れ下がり、あごは閉じられない。それどころか、舌を引きずって歩いていたため、ばい菌をなめてしまうし、舌は傷だらけだ

メロンというかキ〇タマ

例のタヌキの信楽焼みたいな

獣医のヘザー・ベーコン氏が4時間にわたる大手術を実施

すっかり良くなったそうです

めでたしめでたし

レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする