【謎の巨大生物】へび?くらげ?何やこいつ・・・

海というのはいまだに謎が多くて、誰も見た事がない訳のわからない生物が発見されたというニュースを時々見ますよね。

今回発見されたのは「巨大な何か」です。

場所はニュージーランド北島沖48キロにある火山、ホワイト島周辺の水深10メートルの海中

で、ブツは体長およそ8メートルの不思議な「ブヨブヨしたやつ」

ダイバーが近寄っても特に何する訳でもなく、ゆっくりしたスピードで潮の流れに乗ってフワフワ漂っていたそうです。

長い胴体は中が空洞になっており、吹き流しのような状態。

そしてこのゼラチン状のボディで出来た空洞の中は、実は数十万の微生物のコロニーにもなっているそうです。

ここホワイト島周辺の海は栄養分が豊富なことで知られ、たくさんのプランクトンを食べて巨大化した「ホヤ」ではないかと推測されているそうです。

日本風に言えば竜宮城に漂ってそうな雰囲気で、「これ生き物?」と思ったけど、1:50~を見ると、うわぁってなるから一応ちょい閲覧注意。

レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする