覆面パトに捕まる寸前のベンツにまさかの救世主が!

右折禁止の交差点でUターンをしようとしているメルセデスベンツ

そのすぐ後ろにはシルバーのクラウン、そう警視庁の覆面パトカー

現場は東京都渋谷区の青山通り(R246)

青学と国連大学の間にある「青山学院前」の交差点

ここはT字路なので、画面左から来る車は右折不可だし、手前に「Uターンできません」の看板もある

しょちゅう白バイや覆面が待機している有名な取り締まりポイント

これはUターンした瞬間にサイレン鳴らすなーと思っていたところにまさかの救世主が!

それはなんと、対向車線から走って来た所轄のパトカー

親切に拡声器で「曲がれませんよ!」と注意して走り去っていきました

でもこれ違反するまで待って捕まえるんじゃなくて、違反する前に注意して辞めさせた所轄のパトカーが正しいでしょ

後ろで捕まえる気マンマンだった覆面パトカーはたぶん「ぐぬぬっ」だろうけど、警察は本来はこうあるべき

レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする