ウェイン・ルーニーが超ロングシュート!まだまだ凄い

サッカー元イングランド代表のウェイン・ルーニーが、およそ60メートルの超ロングシュートを決めたのが話題になっています。

現在アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)のD.C. ユナイテッドに所属しているルーニー

現地時間26日に行われたオーランド・シティ戦の前半10分、相手選手がキープし損ねたボールを自陣で収めるとすぐさま相手キーパーの位置を確認、キーパーが飛び出していると見るや迷わずロングシュート!

シュートはきれいな弧を描いてそのままゴールへ

MLS公式サイトによると、距離は70ヤード(約64メートル)とのこと!

一流のFWというのは例えどんな場所であってもボールを持ったら第一の選択肢がシュートなんだろうね

MLSに移籍したといってもまだ33歳

衰えるどころか、他の選手だったら全盛期でもおかしくない年齢

それにしても髪の毛フッサフサ

順調に増えてるみたいだね

レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする